未来へ希望ブログ|新生活へ向けて

未来へ希望ブログ|新生活へ向けて

こんなトラブルもあるんですね

私の友人が引越しでとんでもないトラブルに遭遇してしまいました。

 

引越し当日に荷物をトラックに運び入れた際、まさかの荷物がトラックに入りきらなかったのです。

 

もともと友人は家に物が沢山あったのですが、トラックに入りきらないまで荷物があるとは予想外でした。

 

どうやら営業の人が荷物の量を間違えたらしく、トラック1台で十分に運び入れることができると甘く見ていたそうですが、実際に積んでみたら全部を詰めることが不可能だったみたいです。

 

 

引越し業者も困っていましたが、入りきらないものを無理に詰め込むこともできないですし、2台目のトラックを手配することもその当日では不可能で、しかも仮に2台目のトラックを用意してしまうと、追加の料金が発生するとのこと・・・

 

 

営業の見積ミスなのが原因なのですが、そこはどうしても無料にすることができないとのことで、かなりもめましたが結局その当日にはトラックが用意できないですし、急を私の会社で使っている軽トラを準備し、詰め込み切れなかった荷物を運ぶことになりました。

 

 

友人は1社でしか見積もりを出しませんでしたが、数社で見積もりをしておけば、おおよその荷物の量が営業マンによって大きな差があればそこで気がつけたのにと嘆いていました。

 

 

段ボールの量がかなり膨大な事になっていたので、これを機に家にあるものの整理をしようと決意していました。
私も物がそこまで多い方ではありませんが、今後引越しをするときには荷物の量に気をつけたいと思います。

 

 

 

荷物整理は捨てる覚悟が大事

引越しの料金を少しでも安くするため、荷物の整理をすることにしました。

 

何度も引越しをしている友人の話では、引越しの料金で変わってくるのは、荷物の量、引越しのシーズン、引越し当日の日柄、運ぶスタッフの人数、オプションなど様々ですが、やはり荷物の量を減らすことが引越し料金をやすくする為にはかかせないそうです。

 

 

私は物が結構多い方なので、そのすべてを運ぶとなると段ボールでかなりの量になってしまいそうなため、今から少しずつ整理しようと思います。

 

 

荷物の処分には様々な方法がありますが、大きく分けて@リサイクル店に売るA廃棄するB誰かにあげる、の3つがありますよね。私の持っている家電はどれも古いものですし、使わないものがないので家電を処分するものはなさそうですが、漫画やDVD、服などがかなりの量を占めています。

 

 

服はブランドものなどはなく、ノーブランドの物ばかりですので、仮に売却するにしても1着100円もいかなそうですし、そんなのだったら誰かに譲った方がよほどいいですよね。

 

ほとんどきていないものもありますし、1シーズン着なかった服は二度と着ることはないと彼女にも言われたので、それらは思い切って誰かにあげるか、燃えるごみに出そうと思います。漫画やDVDなどはものによって結構高く売れるそうなので、たいして読まなかったり見ないものは売却しようと思います。

 

 

これらがかなりの量になっていますし、思い切って処分し、少しでも引越し当日の荷物を減らそうと思います。

 

⇒ 一番安い引越し業者はどこ?

更新履歴